犬猫ボイスとは?

イヌネコボイスメインph

犬猫VOICEとは?

 現在、NPO法人みなしご救援隊犬猫譲渡センターでは、殺処分ゼロを目指し、人間の身勝手によって飼育困難になってしまった犬猫等の『愛玩動物』やノラネコ(飼い主のいない猫)等の『愛護動物』を出来る限り保護し適正飼育・管理をしながら里親さんを捜しています。
 しかしながら、保護を続けも続けてもキリがなく、恐らく100年やってもほぼ何も変わらないのが現状でしょう。つまり元を絶たないと何も変わらないのです。そのためには、我々人間の愛護・愛玩動物に対する考え方を少し変える必要があるのです。これらの活動を通し、犬や猫の事、特にノラネコの現状に関しては、よく知らない方が大変多くいることに毎回驚かされます。
 本来ならば市民・県民に対して多大なる影響力がある自治体が啓蒙・啓発・教育を行うべきですが、現在の広島県や広島市の動物愛護行政ではとてもそれは期待できません。であるならば、我々民間が微力ではありますが何とかするしかないと思います。

殺処分ゼロを実現するには我々人間の意識改革が急務なんです。
 我々人間の愛玩・愛護動物に対する意識をまず変えていかないと、どんな対策を講じても、どれも一時的であり永久的な効果が望めません。
 そこで、ひとりでも多くの方に愛護・愛玩動物の現状、特にノラネコの現状・対策について知って頂きたく思い、このたび「犬猫ボイス」を発行致しました。 また、最近各地でノラネコに関する地域トラ ブルを耳にします。そのようなトラブル解決の際、ぜひこの「犬猫ボイス」を参考にして頂けたら幸いです。
 「犬猫ボイス」は全28ページで構成されており愛護・愛玩動物の現状、特にノラネコの現状・対策について解かりやすく解説しております。もちろんフリーペーパーですので無料です。
 愛玩動物(ペット)は終生飼育を行い、愛護動物(ノラネコ等々)に関しては「町に猫がいて当たり前」「猫は仲間じゃないか」と万人が思えるようになる社会環境を理想とし、譲渡センターは活動を続けております。 予算等の問題も あり定期的な発行は困難ですが時期を見てVol2、Vol3と発行していきたいと考えております。 皆様のご意見・ご質問等もお待ちしております。

 

 NPO法人みなしご救援隊犬猫譲渡センター  理事長 佐々木 博文


犬猫譲渡センターバナー